キャンセル料を払う勇気も大切!物件ごとのキャンセルポリシーをチェック

条件に合わない物件はキャンセルしよう

賃貸への入居は、早い者勝ちといえます。気に入った物件は、早く申し込みしなければ、ほかの人に取られてしまう可能性があるので、注意が必要です。しかし、そのようにして申し込みを行った物件でも、よく確かめてみたならば条件が合わないということもあります。そのような場合には、速やかにキャンセルを申し込む必要があります。キャンセルを行う際に気になることのひとつが、キャンセル料です。契約段階のどの段階ならばキャンセル料がかかるのかをよく知らない人もいて、しっかりとキャンセルポリシーを知ることが重要です。キャンセル料の支払いを惜しんで、ずっと条件の合わない賃貸物件に暮らし続けることはおすすめできません。ストレスや無駄な費用ばかりが掛かってしまうでしょう。

キャンセルポリシーの確認

賃貸物件を借りる際には、まず申し込みを行います。これは賃貸物件を借りる意思を示すもので、入居申込書を提出することになります。その後、入居予定者の審査が行われ、審査に通ったならば重要事項説明を受けることになります。重要事項説明とは、契約前に物件や仕様についての説明をすることです。キャンセルポリシーの説明もこの段階でしっかりと受けることが重要です。その後契約となります。キャンセル料がどの段階で発生するかは、物件ごとに異なりますが、おおよそ契約後にかかることが多いです。そのため、キャンセルはできるだけ早い段階で行うことをおすすめします。キャンセルした場合にどのような取り扱いになるかは、契約前にしっかりと確認しなければなりません。