休日を明るく過ごしたい!部屋への光の入り具合をチェック

新しいお部屋、どうやって過ごす?

新しいお部屋、色々な想像が膨らみますね。小さな植物を育てたり、お気に入りのアクセサリーを並べてキラキラと光らせてみたり、予定のない休日はまったりごろごろ好きな本を読みながら日向ぼっこなんて最高です。

だけど、ちょっと待ってください。あなたが見ているそのお部屋、光の入り具合はどうですか?光が不十分だと、暗くて昼でも毎日電気をつけておかなければならないかも…。寒くて春先でも暖房が手放せないかも…。反対に、光がガンガンさすようなお部屋は、真夏の対策が大変ですし、西日の当たりすぎるお部屋も、暑さが辛いなんて声を耳にします。

陽当たりが良いと選んだ物件だったのに、夏は暑すぎて凶と出るかもしれないし、反対に暗いかなと思った物件が、実は夏涼しく、冬は暖かくてラッキーなんてこともあるかもしれません。失敗したと思わないための、光の入り具合のチェックポイントを見てみましょう。

見逃さないで、太陽の位置で変わるお部屋の表情

ご存じの通り、太陽の位置は時間によって移動しますので、お部屋を内覧するときには、どの時間帯にどこの窓から光が差すかをチェックしましょう。近隣の建物との位置関係や、窓ガラスが光を遮る加工のあるガラスなのかどうかもポイントですね。

それに、太陽の位置は季節によっても変わります。夏は高いところから光が差すので、建物の中にさす光は短くなりますが、冬は低いところから光が差すので、部屋の中に長く、奥まで光が入ってきます。季節が変わるにつれ、お部屋の表情が変わることも頭に入れておきましょう。

あなたがこの部屋で送りたい生活はどのようなものでしょうか。陽当たりが良くてぬくぬくと過ごしたいのか、それとも夏に涼しく過ごすことが最優先なのか。光を上手に取り入れて、新しいお部屋で理想の生活を送って下さいね。