自分に不利な条項が入っていないかチェック!重要事項説明書の読み合わせ

事前に契約書のコピーを読んでおく

賃貸を利用するときは不動産業者に希望物件を紹介してもらい、気に入った物件があったら契約をして利用します。不動産業者が仲介をしてくれる時は契約時に重要事項説明があり、その内容に納得すればその場でサインや印を押して契約完了となります。一旦契約を完了すると基本的には契約書の内容に従わなくてはいけないので、契約書の中に借主に不利な条項が含まれていると将来的に不都合が発生する可能性があります。ただ賃貸の契約書は専門用語も多く、重要事項説明ですべてを理解して納得するのは難しいかもしれません。そこで可能であれば重要事項説明の前に契約書のコピーをもらっておき、それを読み込むようにしましょう。不利と思われる部分をチェックしておけば重要事項説明の時に確認しやすくなります。

利用時より退去時の条項をチェック

賃貸物件を利用する人には色々いて、初めて賃貸を利用する人もいれば何度も利用している人もいるでしょう。初めて利用する人はこれからの賃貸生活に不安もありながらわくわく感もあるため、なかなか退居するときまで考えが回らないかもしれません。物件利用に当たっては重要事項説明が不動産業者からあり、賃貸物件利用に関する色々な決まりに納得をした上で利用をします。重要事項説明においては物件利用時よりも退去時の条項に注意して不利な点がないかを確認しておきましょう。退去時は原状回復が必要になりますが、契約書によっては借主が負担しなくていい費用の負担を求める条項があったりします。不利な点があれば指摘をして契約前に訂正してもらいましょう。